実験のため、TwitterBOTも動かしているんですが

バグを見つけてしまいました。

しかも、微妙に致命的・・・orz

すぐに原因は分ったので
対処できたのですが、かなりの期間、不具合のあるまま、放置していました。

おかげで、BOTちゃんは、まともにつぶやけていませんでした。(;_;)

 

具体的には、文章がめちゃくちゃなんだけどね。

きっと、見ていた人には、迷惑だったかもしれません。

再び、期限切れのテストをしていて投稿できませんでした。

ちょっと、使い勝手の悪そうな部分を見つけたので
その辺りを修正していました。

そして、再度確認です。

本来であれば、ダミーで時間を変更したり
設定をいじったりして

仮想的に状況を作り出すのですが

やはり、きちんとその事象になったっ時に
意図した結果になるのか、確認しておかないといけないですからね。

設定をいじって、状況を作り出した場合は
本当なら、変わっているはずの値が変わっていなくて
条件を満たさないなんてことが起きます。

そうした状況では、本稼働の際に、起きてしまう不具合を事前に見つけることができません。

そのため、多少時間がかかってしまいますが
自然に、テストしたいタイミングが来るのを待つ方がいいです。

もっとも。

そのタイミングが1年後とかでは、待っているわけにはいかないですけどね。(^_^;)

 

今回は、比較的少ない時間を待つだけで
テストしたい事象を起こすことができますが

比較的少ないと言っても、数時間は待たないといけません。

まぁ、PCの時間を進めるという手もありますが
それをしてしまうと、このシステム以外のところで支障があるので
やらないですけどね。

#例えば、メールとかメールとか。

それに、サーバーも別な用途にも使っているので
時間を変えるわけにもいかないですし。

2つ目の壁まで解説しましたので
最後の3つ目の壁について、考えてみましょう。

3つ目の壁は

どんな商品を扱えばいいかという

商品の壁

です。

リアルでもネットでも
ビジネスであれば、何らかの有形無形のモノを商品として販売することになります。

当然、売れない商品を扱っても
手間がかかるだけで、成功することはあり得ません。

成功したいのであれば

売れる商品を扱う

これは、当然のことです。

では、売れる商品は、どうすれば見つけられるのか?

それが簡単に見つけられれば、苦労はしないですよね。

なかなか見つけられない

あるいは

見つけても、見当違いだった

ということで、売れない商品を売っている場合もあります。

例えば、物販アフィリエイトでは
売れる商品を見つけるために

これはと思った商品は、紹介する

という方法を取ることがあります。

つまり、どういうことかと言うと

無料ブログで、とにかく数多くブログを作り
それぞれで、違う商品をアフィリエイトする

ということです。

こうすると、その中からいくつかは売れる商品が出てきます。

売れる商品が出てきたら
それに注力して、さらに売り上げを伸ばすのです。

実際、私も物販アフィリエイトで
一時期、複数の商品を販売するブログを10個以上作りました。

この程度の数でも、売れるモノ・売れないモノが出てきます。

売れるモノがあったら、そのブログでの紹介頻度を増やすことで
売れる数が加速して行きます。

こうすることで、売れるモノ・売れないモノを見分ける力を養っていきます。

 

売れない商品でも
そのままブログやサイトを放置しておくと
何かの拍子に入れる場合がありますので
削除したりしないほうがいいですよ。

私も、1年以上放置したブログから2万以上の商品が売れたこともあります。

小さな成果ですが
その成果を積み重ねていくことで

大きな成果を得ることができるようになりますよ。