ブログ記事を書くときの注意(2)【リアリティって?】

 

前回の記事では、アフィリエイトブログで記事を書くときの注意として

テーマを連載しよう

ということを説明しました。

 

さて。
今回は【リアリティ】について・・・です。

 

アフィリエイトでブログ記事を書くときに
リアリティが大事だよとは、良く見かけることです。

じゃあ、リアリティって、何でしょうか?

 

例えば、あなたがアクセスアップの記事を書いたとします。

 

XXXをしたら、アクセスアップしますよ。

私は、1日で1000PVを達成しました。

アフィリエイトの売り上げが10万を超えました。

 

などなど。

ブログに書かれていても

「それって、本当か?」

と疑問に思うこともあります。

 

じゃあ、それって、なぜでしょうか?

 

それは・・・

証拠が無いから。

 

言葉で言っているだけで、それが本当のことなのか
証明されていないからです。

例えば、物販アフィリエイトの記事

アフィリエイトで4万円を売り上げた

と書きましたが、この文章だけでは信じていないかもしれません。
(記事にも書きましたが、正確には4万円では無いですよ)

でも。

 

amazon売上

amazon売上

 

楽天売上

楽天売上

 

Yahoo売上

Yahoo売上

と、証拠画像もあったら、どうでしょうか?

これらの売り上げの合計は

39,177円

です。

これを見ると

「あー。本当に4万円売ったんだな。」

ということが分ると思います。

 

これがリアリティですよね。

 

でも、こういうPCでキャプチャ画像が取れるモノは
イメージ画像をブログにアップすることで証拠となりますが
必ずしも、証拠画像を用意できるとは限りません。

 

例えば、「せどりの仕入れをしてきました」という記事で
せどりをするときのポイントを説明したとしましょう。

こういうものは証拠画像というものを用意できるものではありません。

しかし、その様子を詳しく書くことで、【あなたの実体験】としての説得力が出てきます。

実際に体験し、経験したことだからこそ
書ける詳しさというものがあって
本当に体験した事だから、あなたが考えたこと・感じたことを
書くことができます。

本音の部分が出てくるから、現実味が出ます。

これが、リアリティです。

 

つまり。
リアリティのあるブログ記事というのは

  • 証拠・根拠が明白である
  • 実体験に基づく詳細な解説

のいずれかを持った記事なのです。

こういう記事を書くように心がけると
読者の共感も得られて、ファンになってくれる人が出てくるようになりますよ。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す