感情を込めた文章を書く方法

まー。
良く言われるのが。

アフィリエイトでは感情を込めた文章を書いて、読者の共感を得ると売れやすい

ということ。

 

ですが。

正直言って、なかなか書くことは難しいです。

サラリーマンだったので、いわゆるビジネス文書を書くのは
得意ですが、プライベートな手紙を書くことは少ないですし
学生じゃないから、読書感想文も書かないし。

そもそも。
感情を込めた文章と言うのが、どういうものか、よく分らないという人も多いのではないでしょうか。

私も、コンサルを受けている時に
「感情を込めた文章を書きましょう」
と指導を受けたけど、「ごめんなさい、あなたの文章にあまり感情を感じません・・・」と思ったこともあります。(^_^;)

 

じゃあ。

どうしたら、感情を込めた文章を書けるのか?

少なくとも、ブログネタ自体が、適していないと難しいです。

例えば、「あし@の設置方法」という内容だと
内容がテクニカルな部分が多くなるので、なかなか感情を表現することが難しいです。

それでも、失敗談やうまく行った時の喜びを書くことで感情を入れることはできます。

でも・・・設置がすんなり行ってしまうと、文章で表現したい感動が無いので
書きたくても書けないし、どこか「作った感」があって、書いている自分が嫌になります。

私は、PCに詳しかったので、そうしたブログパーツの設置は
結構スムーズに行ってしまったので、失敗談を書くことができなかったんですよね。

苦労しなかったので、設置出来た!という感動も味わうことが無かったので
感情を表現した記事を書くことができませんでした。

ですから、そういうテクニカルな記事で感情を表現するのは
ちょっと適していないでしょう。

そうではなくて、もう少しマインドの混ざった記事であれば
感情を込めた文章を書けるかもしれませんが
今書いているこの記事も、ノウハウ系の記事・・・と捉えているので
私にとっては感情を込めにくい記事の1つです。

これでも、感情表現をしようと努めているんですけどね。

それに、人によっては、文章を書くのが苦手という人もいるでしょう。

 

じゃあ、どうしたらいいか。

 

実は、やること自体は簡単で、後は、あなたの勇気次第なんですけど。

 

つまり。

音声を用意するんです

 

音声であれば、あなたの感情を豊かに表現することができますし
今は、スマートフォンでも音声を録ることができるので
音声を収録すること自体は簡単です。

ただ。

みんな、勇気が無くて尻込みしてしまうんですよね。

「緊張して、うまくしゃべれない」

「声が小さいし、好きじゃない」

などなど。
いろいろな理由をつけて、諦めちゃう人がいます。

 

でも、せっかくいいコンテンツができる可能性があるのに
やってみないで諦めるのはもったいなくないですか?

 

なので。
比較的簡単で気楽にできる方法を教えます。

 

椅子を2つ用意して、向かい合うように置いてください。

次に、片方にあなたが座り、もう片方には、あなたの好きな友人が座っているところをイメージしてください。

後は、あなたがあなたの友人に、教えてあげる

つもりで話します。

 

このとき、相手の反応をイメージしながら話すと、いい感じで話せます。

この方法。
実は、カウンセリングでも使われる問題解決の方法の1つなのですが
それを応用させています。

あなたも、一度試してみるといいですよ。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す