ドラゴン桜に学ぶアフィリエイトの極意

「ドラゴン桜」とは?

あなたは知っていますか?

 

TVドラマにもなったので、知っている人もいると思いますが。

元は、マンガです。

 

知らない人のために簡単に内容を紹介すると。

元暴走族の駆け出し弁護士・桜木建二は、経営破綻状態となった落ちこぼれ高校、私立龍山高等学校の清算を請け負うこととなる。

破綻を回避し経営状態を良くするためには進学実績、それも東大の合格者数を上げるのが手っ取り早いと考え、5年後に東大合格者100人を出すことを掲げる。そのための第一歩として特進クラスを開設し、スナックのママをやっている母のような生活を見て人生をあきらめかけている水野直美と、裕福な家庭で育つも落ちこぼれてグレている矢島勇介を受け入れ、1年目でも最低1人の合格者を出すことを定め、そこに以前から受験指導に大きな実績を上げつつも、いろいろな事情で表舞台から消えていた個性溢れる教師を集めて、東大合格を目指す。

という内容です。

まぁ、詳しいストーリーや内容は、実際に読んでもらった方がいいでしょう。
もし、興味があれば、読んでみてください。

ちなみに、TVドラマの方は、チラ見しかしていないのですが
TRICKの阿部寛が、主人公役をやっています。

ここでは、マンガの紹介ではなく
その中で言われているセリフに注目です。

一番、インパクトがあると思ったのは

「世の中のルールは頭のいいやつに都合のいいように作られており、勉強をしないやつはそれに騙されつづける」

 

これですよ。これ。

実際、社会に出てみると、そう思うことってありませんか?

いろいろな補助金や支援制度も
知っている人には役に立つけど、多くの人はそんな制度があることを知らない
というものが多いです。

そのため、そういった知識の無い人たちは、【騙されている】というと聞こえは悪いですが
【知らないために損をしている】状態です。

 

さらに、知識は頭で覚えただけでは、使えなくて
知識を得たら、それを実体験やイメージとして具体的に捉えないと
本当の知識・知恵になりません。

そういうマインドを鍛え、改めるために
このマンガをおススメします。

アフィリエイトやネットビジネスでも
いかに知恵を絞るか・知識を活用するかがポイントになることも多いです。

そうした時に、どうやって考えればいいのか
ということを楽しく知ることができるものとして
興味を持ったのなら、ぜひ、読んでみてください。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す