欲しいものを手に入れる

あなたが今欲しいものを手に入れるとしたら
どういう方法を取りますか?

まぁ、お金で買えるものであれば
お金さえあれば、いつでも買えるから、簡単に手に入れることは出来ますね。

今すぐ・・・というわけではなく
いつか欲しいものがあったときに
どういう行動を取っているかということなんです。

もういい歳した大人なので
子供のように地面に転がって、欲しがったりしないとは思いますが

そのくらい欲しがってみる

というのが大事なことだったりします。

 

どういうことかと言うと。

多くの人たちは、「カッコ悪い」ことはしたくないと思っています。

そして、その「カッコ悪い」ことの中には

自分の感情をストレートに表現する

ということが入っていることが多い。

 

入っているとどうなるかと言うと
欲しいものがあっても、「欲しい」とは言わずに
じっと我慢している。

これでは、手に入りません。

欲しいものは欲しいと言う。

しかも、口に出して言う。

さらに、誰かに言う。

 

こうすると、手に入る可能性が格段に上がります。

それは、どうしてか。

欲しいものを欲しいと言うことで、自分の脳に暗示をかけることができるのです。
暗示をかけられた脳は、無意識のうちに、その要求が実現するように考えます。
そして、実現するような選択を行っていきます。

その結果、要求が叶うのです。

 

あれ?
胡散臭いと思っていますか?

でも、これは科学的に研究されている心理学上のことなんですよ。

心の中で、こっそり思うよりも、言葉に出した方が叶う確率は高くなり
さらに、紙に書いたり、絵にしたりして
常に目に入るようにしておくと、その確率はより高くなります。

 

カッコ悪いことでも、結果が欲しいのであれば実行してみる

多くの人は人目や見栄を気にして実行しませんが
実行した人だけが成功するのです。

ストレートに感情を表現すると
それを聞いた人も、「何とかしてやろう」という気持ちになるものなのです。

 

若い人たちには分りづらいことですが
年を重ねていくと、若いころには恥ずかしいと思っていたことでも
平気でできるようになります。

そう。
おばさんが傍若無人に振舞うように。

誰かがやっていることなのですから
同じことをあなたがやっても、気にしません。

気にしているのは、実は、あなた自身なのです。

 

もし、あなたが。
成功したいと思っているのなら。

つまらないプライドにこだわらず

できることは何でもやる

この心構えで臨むべきです。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す