電気自動車、乗ってみました

通勤に自動車を利用しています。

まぁ、ほとんど手をかけていないので
自動車好きな人には

「可哀想・・・」

と言われるくらいなのですが、ディーラーから
点検の時期ですよと言われ、新年早々でしたけど
車の点検に出しました。

で。

私の家から、自動車ディーラーまでは、ちょっと距離があって
不便なんです。

なので、毎回、代車をお願いしています。

 

今回、用意されたのは、電気自動車でした。

 

まぁ、ちょっと興味もあったので
乗ってみることに。

 

んー・・・

静かだ。

静かすぎる。

 

スイッチを入れて
エンジンというか、モーターを回して、走行可能状態になっても
ほとんど音がしないので
動かせる気にならない。(^_^;)

アクセルを踏めば、動き出す。

 

実際に、動き出すと、キーンというモーターの高い音が
少し聞こえてくるだけで、後は、路面の音だけ。

 

いやー。
静かだわ。

つまんないくらい。

 

電気自動車は当然のことながら電気で動くので
走行距離は、電気の量で変わってくる。

自動車の中の装備には、電気を使うモノが多い。

となると、装備を使えば、走行に回せる電気が少なくなって
走行距離も少なくなる。

 

例えば、150km走れる状態でも
エアコンを入れただけで、130kmに減ってしまう。

ECOモードを切ると
きびきび走れるけど、やはり、10kmくらい減る。

 

そのくらい、設備が電気を使う。

それなのに

ハンドルを温める機能とか
シートを温める機能とか

 

いるのか?

と思ってしまう。

 

まぁ、便利ではあるけど、今までの車には無いことが多いから
無くても気にならない機能。

そんなことするなら、もっと走れるようにしろよと。

 

でも、面白かったですよ。
電気自動車がどんなものか分かって。

 

点検も済み、自分の車を引き取った後。

 

あー。ガソリン車の加速、いいなー

と思ったのは、秘密。(^_^)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す